232522857_10222178455789534_2513308460137821700_n.jpg

Eri Yamamoto

山本 絵理

“Yamamoto is excellent in producing tones with lyrical melody lines. She has mastered her own modes of expression through her great facility in various piano techniques.”

“…ショパン協奏曲第1番の第2楽章で、極上の瞬間がおとずれた。山本は、リリックの旋律を歌うのがとてもうまい。ピアノの様々な技巧を駆使した表現方法をすでに我がものとしている。また多彩な音色を持つ山本の、今後のさらなる成長が楽しみである。”

– Tami Nodaira, “Ongaku no Tomo” magazine, 2018 / 野平多美 「音楽の友」2018. 8. 抜粋

"…She completely picked the pace by “Home Trained” F. Liszt performing, she invited the audience to the euphoric world by the polished techniques and the bright beautiful tones.

Above all, the emotional tension, the scale, and the deep breathing of “Après une lecture du Dante-Fantasia quasi sonata" were the proof of the first-class pianist…."

“…本場仕込み〟のリストで完全にペースをつかみ、磨き抜かれた技巧と鮮やかな音色美で客席を陶酔の世界へと誘った。中でも「ダンテを読んで」の緊張感とスケール、深い呼吸は第1級のピアニストの証といえた。…”

– Takuo Ikeda, "Iketaku Honpo" 2021 / 池田卓夫 2021. 抜粋

“Eri had impeccable technique, of course, but what I found most satisfying and encouraging was her sensitivity to disparate. She found orchestral colors in the keyboard and most importantly allowed her instrument to breathe phrase, and sing with my clarinet for a real feeling of chamber music conversations. “

 “…もちろん、絵理には申し分のない技術がありました、しかし、私が最も感心したのは全く比較することができない、彼女の繊細さでした。彼女は、鍵盤でオーケストラの色を出し、最も重要である楽器が呼吸をし、私のクラリネットと一緒に歌い、本当の室内楽の会話ができたのです。”

– Richard Stoltzman, the internationally known clarinetist / リチャード・シュトルツマン グラミー賞受賞クラリネッティスト